2017 / 05
≪ 2017 / 04 2017 / 06 ≫
Page.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Page.159

'悟りの散策' 14 夢をかなえる生き方 文亨進世界会長
夢にはいろいろな種類があります。しばし起き上がると過ぎ去ってしまう夢もあれば、わたしを真っ直ぐに立たせてくれると同時に、他の人々にも力と勇気を与えてくれる夢があります。 (それが)すなわち真の夢です。それは忘れようにも忘れられない、運命のように感じられる夢であり、神様が下さった夢です。けれども夢をかなえるためには、多くの忍耐と努力が必要です。 中国に一人の農夫がいました。彼は家族を養うために、いつも誠実に仕事をしました。農夫はある日、竹を育てようと心に決めました。竹を育てて収穫すれば、家を建てるのにも使えるし、橋も作れるし、川から村まで水を引いてくる水路にも利用できます。竹は家族の暮らしを豊かにしてくれるビジョンだったのです。彼は竹の種を手に入れて地に植えました。毎日毎日水をまき、肥料をやりながら、心をこめて手入れをしました。ところがどうしたことか、他の作物はよく育って収穫できましたが、竹は1年が過ぎても、芽さえ出ないのです。翌年になっても、何の変化も無いので、周りの人々は嘲笑しました。3年、4年たっても、やはりきざしが無いので、竹畑はそれ以上、関心の対象にもなりませんでした。農夫は日に日に疲れ果てていきましたが、水をやり、肥料をやることを、最後までやめませんでした。 けれども5年が過ぎると、竹畑に緑の芽が吹きはじめました。 あれほど気を揉ませた竹は、いったん地上に芽を出すと、すくすくと育ち、6週間でなんと24メートルもの高さに成長したのです。農夫が得た夢の結実は、想像もできないほどに爆発的なものでした。 北京オリンピックにおいて、チェ.ミンホ選手が柔道の60㎏級で、韓国に初の金メダルをもたらしたことを覚えていると思います。予選の出端(ではな)から決勝まで、全ての競技を一本勝ちで勝利し、いっそう印象に残りました。チェ.ミンホ選手は、4年前のアテネオリンピックで銅メダルを取った時、失望のあまり選手生活をやめてしまおうと思ったそうです。けれどもコーチを初めとする多くの人々が説得したそうです。その時にやめてしまっていたら、現在の位置には立つことができなかったでしょう。もう一度勇気を出して、この4年間、一生懸命に訓練に励んだために、勝利することができ、国に対してもたいへんな栄光を捧げました。多くの人々が50才を過ぎると、たいていは夢をあきらめてしまいます。しかし私たちの潜在能力は限りがありません。神様がいつ、どんな瞬間に私たちを呼び、お使いになるか、分からないのです。聖書を見れば、モーセは80才で神様に召命されて、イスラエル民族の指導者になり、アブラハムは100才の時に初めての子イサクを得ました。ダビデは羊飼いの少年でしたが、遅ればせながらイスラエルの王になりました。神様が、「おまえの人生が終わった」と言わない限り、私たちがこの世で果たさなければならない使命は依然として残っているのです。[2008.8.20, 世界日報]

旧:如月 十四日(先負)小望月 小つち 天赦日 一粒万倍日 三隣亡
関連記事


この記事へコメントする
















☆全ての記事を表示する


04 | 2017/05 [GO]| 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事一覧 カテゴリ一覧 コメント一覧 トラックバック一覧 プロフィール リンク一覧
[カテゴリ]
WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。